【最新折込チラシ】2021夏期入塾説明会開催!!

みなさんこんにちは!

特進館学院、最新の折込チラシが出来上がりましたので、ご紹介します!
今回のチラシも見どころ満載!

☆2021 夏期入塾説明会
7/4(日)午前11時スタート!

説明会のテーマ
◆小学英語必修化に打ち勝つテクニック
◆教科書改訂のポイントとは
◆募集定員減で苦しむのは?

◆進学塾の合格実績にダマされるな
◆実はトップ校には入りやすい
◆高校受験で失敗すると50年も後悔する
◆テストで失敗しても「5」が取れる極意
◆進路指導のワナにはまるな

説明会に参加いただいている間、お子様に入塾テストを受験いただくこともできます。

詳しくは、下記バナーをクリックして折り込みチラシをご覧ください。




 

 

 

 

 

 

【無料】三田祥雲館模試 6/27(日)地域独占開催
特進館学院独自の地域密着型模試!

三田祥雲館高校の推薦入試問題を想定した、実践的なそっくり模試。
・弱点発見や当日入試の訓練に最適。精度の高い合格判定が出ます。
・当日テスト終了後、模試の解説授業を無料実施。進路相談も可能です。

この模試を受けずして、第一志望校の合格は決して語れません…。
一般生の方も、是非ご参加ください!

特進館学院代表 北村昌弘の想い
〜私たちにおまかせください〜

コロナ禍が未だ収束しない現状、人類は「新しい生活様式」という旗印のもと、オンライン指導やテレワーク・リモート面談などに努めてきました。確かに、会わなくてもできる事象が多々あることに気付きましたが、それらに依存し続けると、いつか私たちは「人間らしさ」を失って、破綻するのではないかと考えています。

レストランの料理がおいしいのは、食材だけでなく、場の雰囲気や語らいなどがスパイスとして効いているから。塾の場合は、単に授業だけでなく、先生との会話や声援などの通じ合い、清潔で居心地の良い学習空間提供などが相まって、やる気と成績向上が叶うもの。特進館学院・特進館予備校で、面談と設備を重視するのもその所以。ですから、「オンラインで、とりあえず用が足せればいい」という無機質な考え方が、教育の中で蔓延すると、学習に必要な「潤滑油(=絆)」が枯渇人類の終わりの始まりが訪れるものと危惧しています。

「教育のデジタル活用は30~40%に留める」ことが私たちのポリシー。これからもデジタルを有効活用しつつ、子どもたちへの「心の通う温かい指導」を続けてまいります。

特進館の夏期なら一発逆転が可能。「行きたい学校」を目指すなら、私たちにおまかせください!!

詳しくは、下記のチラシをご覧ください。
tokushinkan21_05_31_b

第1回「三田祥雲館模試」のご案内

実施日:6月27日(日)

集 合:14:45

試験時間:15:00~17:10 検査Ⅰ・Ⅱ

17:20~18:00 社会解説(希望者のみ)

17:10または18:10 生徒解散

受験料:無料

受験対象:中学3年生(塾生および一般外部生)

特 典:一般外部受験生は、模試帳票による進路相談と体験授業を受けていただけます。

申込方法:ページ右下「入塾面談・教室見学・24時間WEB予約」からお申込みいただくか、教室受付に置いております申込書に必要事項をご記入の上、ご提出ください。

『附属池田高校 進学説明会』

緊急事態宣言の影響で延期になっておりましたが、6月5日㈯に開催決定!

予約制となっておりますので、参加ご希望の場合はお電話にてお申込みください。

その他、ご質問等でもお気軽にお問い合わせください。

「多店舗展開塾」の落とし穴

特進館学院が、意味なく校舎数を増やさない理由の一つに、「教務サービス低下の懸念」があります。『働き方改革』が叫ばれる昨今ですが、この引き金となったのが「膨大な残業の強制」による不幸な出来事の頻発にあったのではないかと思います。

多店舗展開塾の教師の仕事には、少なからず校舎間や本部などとの「移動」があります。加えて、拠点が多くなれば社内のコミュニケーションの希薄さを克服するための「会議」を頻繁に開催することになります。移動も会議も、それぞれ長い時間を要します。

塾の教師は、それらに加えて「授業」という最も重要なミッションがあります。つまり、「移動と会議と授業」で1日8時間をほぼ消化。休憩時間も取れずにパンを片手に大急ぎで車で校舎へ疾走…なんて始末に。以前の私がそうでした。(汗) その結果、授業の準備や教室運営・研修などの全体業務は当然長時間残業で…ということになります。塾業界には残業月100時間超のブラック塾が数多。そんな状況で、教師は心も体も疲弊し、生徒によい授業を行うことなど不可能です。特進館学院は、ご承知のように1校舎。意味のない会議や移動はなく、残業もほとんどありません。だから、私たちは健全な心身で『教務に打ち込む』ことができる。たったそれだけのことです。